片思いの人のNG行動

トップページ > 片思いの人のNG行動

好きであることを悟られてはいけない

片思い中である場合、絶対に注意しなければならないことがあります。 それは片思い中の相手に、好きであることを悟られないようにすることです。

男性は「女性を追いかけていたい!」という狩り本能的な心理が働く生き物なため、「これは絶対に俺に惚れてるな…」と一度でも思われてしまうと、簡単に手に入りやすい女性として認識されてしまい、その女性に対しての興味がだんだんと薄れていってしまうのです。

そんな状況になってしまうと、片思い中の相手との恋愛が成就する確率は低くなってしまいます。 しかし、片思いの相手に対して「まったく好きではない!」なんてアピールをしても恋愛が成功することはありません。

ポイントは、手に入りやすそうで手に入らない女性を演じること。 この微妙な距離感を保つように心がけることができれば、相手はあなたから目が離せない状態になってしまうはずです。

恋の駆け引きを上手に利用しながら、相手を魅了できる女性を目指していきましょう。

一気に距離を縮めようとしない

好きな人ができると、「もっとたくさんおしゃべりしたい!」「もっと交流を増やして仲良くなりたい!」と思ってしまうものですが、片思い中の相手との距離を一気に縮めようと無理に積極的になり過ぎてしまうと「面倒くさい…」「厚かましくてうるさい女性だ…」と思われてしまう恐れがあります。

また、もともと警戒心の強い男性は、急になれなれしく話しかけられると身構えてしまったり、不快に思われてしまう可能性が高くなってしまうため注意が必要になってくるでしょう。

ですので、最初は一気に距離を縮めようとするのではなく、徐々に片思いの相手との交流を深めるよう心がけ、少しずつ心の距離を縮めていくことが大切になります。 これさえ守れば片思い中の相手との関係も少しずつ進展をみせていくはずです!

恋愛成就が成立するまで長い道のりになるかもしれませんが、諦めずに頑張っていくことで、あなたの願いは叶えることができるようになるでしょう。

悩み事や重たい話はしない

片思い中の彼との恋愛が成功することを願っているなら、家族内での悩み事や重たい話は絶対にしないように心がけましょう。

お付き合いをする前に、深刻な悩みや問題をあなたから話されても、ただただ男性側の荷が重くなってしまうだけです。 「この子いいなっ…」とせっかく男性に思われていても、あなたの深刻な悩みが原因で、彼の気持ちが離れていってしまうこともあるかもしれません。 そのような話を彼に伝えておきたいなら、さらに関係が深まってから様子を見て相談をする必要があるでしょう。

できることなら、片思い中の彼との恋愛が実った後で、話をしてみるのが一番良いです。 恋愛が成就した後なら、付き合う前よりもさらにあなたのことを真剣に考えてくれるようになるはずです。

せっかく実りそうだった恋愛を、自分からみすみす逃がしてしまわないように注意して、上手に恋愛をすすめていきましょう。